無教会とは

1.無教会と内村鑑三

内村鑑三(1861~1930)は日本を代表するキリスト者でしたが,制度や組織としての教会をつくらず,各人みずからが聖書を読み,聖書に学んで,それを日常生活に生かすことに重点をおきました。このようなキリスト教のあり方は無教会と呼ばれ,今日なお,聖書の学びを中心とする集会が日本各地(さらには海外)に存在します。経堂聖書会もこの伝統に連なります。

2.前田護郎と経堂聖書会

世田谷聖書会(1953~1980)を主宰した前田護郎は,聖書に基づく福音的キリスト教の精神に立ち,次の3点を集会の基本としました.
(1)聖書の学びは学究的であること.
(2)集会運営は平信徒的であること.
(3)諸教派とは無関係であること.

経堂聖書会も恩師前田護郎のこのような立場を継承します.

3.無教会についての参考となる説明
 ①「無教会と平信徒」(クリックでpdfが出ます)・・・新井明氏による1985年の講演記録